取扱い商品

●IBB Probe IBBプローブが時代を変える
ドラム内生コンクリート常時監視システム IBBProbe (スマートアジテーター)工場を出た後のコンクリートの状態。それは現場での納入試験まで誰にもわからない事がこれまでの常識でした。
しかし、外世界に目を向けてみると、運行車両の総合管理、製造工場のマルチモニタリング。スポーツの世界ではリアルタイムログデータの収集解析での記録更新等、常時管理、監視システムがもたらす功績には目を見張るものがあります。こうしたマルチモニタリングはすべての世界での「デフォルト」となりつつあります。IBB Probeシステムは積載した生コンのデータ(温度・スランプ・容積・ドラム回転数・降伏値・粘性・外気温等)をリアルタイムに計測、表示するだけでなく、記録されたデータは、工場に設置したPC内へ自動的に収集、一元化され、グラフ表示する事が可能です。
開発中のスマートアジテータ®ではさらにGPS機能と連動し、工場に居ながらにして各車両の位置情報と共に、コンクリートの状態をリアルタイムで手に入れる事が可能になります。 製造元HP

●Fusion・RM ハツリ作業を大幅に低減可能!夢のコーティング剤 Fusion・RM
金属表面に強固なコーティング皮膜を形成し、コンクリートの付着を防ぎます。時に労働災害をも招く厄介で過酷なアジテータ車ハツリ作業。生コンクリート製造業において、それは頭の痛い問題です。
このFUSION・RMを金属表面に塗布するだけで、舞い上がる粉塵・重たい削岩機、チッパーを使った重労働から、作業員を解放するだけでなく、ハツリ作業が低減される事で、ドラムのライフサイクルが大幅に延長されます。
作業低減による人件費の削減・設備の超寿命化が期待できますから、費用対効果は抜群!大幅なコストダウンが期待できます。 製造元HP

●IP無線機 サークルワン社/商品名:コスモトーク
音質良好、操作簡単。すぐれた動態管理(GPS)システム 生コン無線の決定版
音声を携帯キャリア会社のデータ通信で送信するので、携帯の電波が届く所なら、全国で使用可能。
無線用の免許も一切不要生コン配送の必需品である、無線機。 様々な種類の無線がありますが、コスモトークは、IP無線という規格を使用しています。
これは、音声を携帯キャリア会社の回線を使用し、音声データとして、一斉送信するものです。
携帯の電波が届くところであれば、全国どこでも使用できるのが大きな特長。
しかも免許は一切必要ありません。
ハンディータイプの無線機もあるので、事務担当者や、試験担当者等、車両に搭載された無線機を使用しなくても、ネットワークで会話が出来ます。無線機中にある、GPSを使用すれば、車両がどこにいるか地図上に一覧表示ができ、効率的な配車業務に効果を発揮します。 製造元HP

●IP無線機 シアンスアール社/商品名:Aldioクラウド
音質明瞭、アプリタイプIP無線の決定版!弊社開発中の「スマートアジテータ」とのパラレル運用に最適。
音声を携帯キャリア会社のデータ通信で送信するので、携帯の電波が届く所なら、全国で使用可能。IP無線機がスマホで使える!?
スマホにアプリケーションをダウンロードする事で、スマホ(アンドロイド、iphone両方のタイプに対応)がIP無線機に早変わり!キャリア(通信会社)も一切選びません。
推奨マイクは無線タイプ(Bluetooth接続/スピーカーマイク型・ヘッドセット型)とケーブルタイプ(4極3.5mmステレオミニプラグイヤホンコネクタ対応/スピーカーマイク型・イヤホン型)4種類が選べるので、使用方法によって自由に組み合わせが出来ます。(*iphoneの場合はケーブルタイプのみ対応)
お手持ちのスマホを使用する事もできますし、SIMフリー機種を選べば、初期導入費用や月々の通信費も大幅に押さえる事ができます。故障時もスマホを交換、修理するだけなので、通信ブランクを発生させません。もちろん持ち運びも可能ですから、設置工事なしでお手軽に、しかも高品質なIP無線機を今すぐ導入する事が可能です。製造元HP

●ミストチャージ 新東産業株式会社/商品名:ミストチャージシステム
廃棄物の大幅な削減が可能!水を使用しない新しい洗浄システム ミストチャージシステム生コン車は配達後どうして毎回洗わないといけないんだろう。洗わなければ、大量のスラッジ水を発生させることもないのに。そんな発想から生まれたミストチャージシステム。
生コン製造会社にとって、産業廃棄物の発生は何とか抑えたい、頭の痛い問題です。
残渣、残水をどう処理するかではなく、発生量自体を押さえる事に着目した画期的なシステムです。
アジテータ車のドラムを密閉し、霧状の「ミストメント」専用噴霧剤を充満させる事で、ドラム内に残ったモルタル状の残渣の硬化を遅らせます。
水を使う事に比べ、残渣の排出量は1/10以下に。ドラムの内部洗浄は配達毎に行う必要はありません。
車両にも、作業員にも、環境対策にも絶大な効果が期待できます。 製造元HP